iPad LiDAR 実験 #03

昨日、岩見沢でまとまった雪が降ったと聞き、モエレ沼公園での収録後に、小町谷さんと除雪の跡を探しに行ってきました。道央道で40分ほど走って岩見沢SAに入り、雪の集められていそうな奥へ車を進めて停車。

ドーザーが押し潰した圧雪の上をイイ感じで新雪が覆っています。

残念ながらiPadのLiDARではこのディテールはキャプチャできない...

ちょっと不審ですが、誰がやってもこうなります。iPad Proの性能を引き出すのはあくまでも身体です。

凹凸の激しい部分でも試してみます。

人工物とのコンビネーションに盛り上がる小町谷さん。

このあと岩見沢市内を回りながら、何箇所かで試しました。やはりディティールをきれいに残すことが大きな課題ですが、ディティールがつぶれていても、「あ、これは雪っぽい」というものがあり、その理由がなんなのか、といったことをあれこれと話ながら帰路に就きました。除雪後の雪壁は見れば見るほど、様々な表情があって面白いです。中でも、ミルフィーユ状の圧雪にロータリー車の刃の痕が残るものなどはかなりイイということで意見が一致しています。街中を歩くだけで、これほど自然現象の作る形状に出会えるのは、北国の冬ならではです。

録ったデータについては、整形してみて後日ご報告したいと思います。