スノーシューとGPSロガーで描くモエレの雪上絵ワークショップ、当日。

本日は「スノーシューとGPSロガーで描くモエレの雪上絵」ワークショップ当日でした。

1月早々の大寒波のおかげで札幌でも例年にないくらい冷え込む日が続いていましたが、今日はワークショップ日和の晴れ。
三連休の開始ということもあり、公園内ではクロスカントリーの練習をする方や、モエレ山でそり遊びでにぎわっています。

ワークショップの午前の部はガラスのピラミッドスペース1でGPSロガーづくり。ブレッドボードにArduinoやみちびき対応のGPS、SDカードモジュールなどを取り付け、電源オンですぐロギングが開始されるプログラムを書き込んだロガーを作成していきます。はんだ付けが初めての方もいましたが、みなさん無事動作するロガーが完成。

その後は、昼食をとりながら実際にモエレ沼公園の地図とにらめっこをして描く模様を用紙にかいてもらいます。

描き終わったら、スノーシューをはいていざ出発。大体1時間前後の工程で、モエレ沼公園に地上絵を描いていきます。

我々ディレクター、スタッフも一緒に同行したりしていますが、スノーシューの数が足りないメンバーは冬靴で頑張ってついていきます。

 


スノーシューを使わない場合

が、雪が深すぎて50mくらい進むのでも一苦労、普段の運動不足がたたり、太ももに疲れが蓄積されていきます。


スノーシューの場合

明らかに雪に残る足跡が違いますね。

無事みなさん歩き終わり、結果を確認していきます。

参加者のみなさんには、雪原の上だと雪がないモエレ沼とまた違って目印になるものが雪で隠れてたりなかなか難度が高いことを感じていただけたかと思います。

実際に、作成したロガーでうまく記録できた方や、振動や雪原で転ぶなどで途中までの軌跡が残ってしまっているなど、我々も成層圏気球のspace-moereプロジェクトで試行錯誤してデータを取得することをちょっとでも体験していただけたかと思います。

電子工作体験と、そして屋外活動、体も頭もフルに使った1日、参加者のみなさまお疲れさまでした!

 

少しだけ技術的な話について...

今回、ワークショップで利用したGPSの部品(GPSモジュールなんて言ってたりします)などは、札幌市内ですと梅沢無線さん(狸小路八丁目)で購入することができます。部品の中にはないものもありますのでそういった場合は、電子工作する人はほぼ誰もが知っている「秋月電子」というオンラインショップでも購入することができます。

GPSはいろいろな種類がありますが、space-moereプロジェクトでは、高高度の高さ(上空35kmなど)でも高さを取得できるものを採用していたりします。部品を購入する際に、その部品のデータシート、技術資料などを読み解き、目的に応じた位置情報の精度が取得できるかなどを確認して購入したりしています。